フリーランスゲームエンジニアのエージェント活用法

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

エージェント活用で選択肢を増やそう

営業は「エージェント」に任せよう

フリーランスになり、個人で営業活動をしても仕事を得られる範囲に限界が出てくることがあります。またタイプ的に営業活動をするよりもゲームのプログラミングをしていたいという性格のゲームエンジニアの方々も多いと思います。その場合クラウドソーシングで仕事を受注するという方法があります。ただし単価が安めに設定されているという点とひとつひとつの仕事が単発であることが多く、次の仕事に繋がりにくいというデメリットがあります。そこで「エージェント」を利用してみるのはいかがでしょうか。
フリーランス向けのエージェントは、フリーランスのゲームエンジニアと企業との橋渡しをする「マッチングのプロ」とも言える存在です。フリーランスのゲームエンジニアの力量や好みに応じた案件を選び、紹介してくれることが期待できます。優秀なフリーランスには高価な案件も紹介してくれますので、収入面でも期待が高いでしょう。

エージェント利用の流れを確認しよう

ゲームエンジニア向けのエージェントは、当然ゲーム業界の企業と太いパイプを持っています。そのため、個人の営業では見つからないような大きな案件を持っていることも少なくありません。営業活動の節約だけでなく、さらに大きな取引先の開拓を行ってくれることも期待できるというわけです。具体的なスキルや希望条件をエージェントに話し、カウンセラーと呼ばれる担当者が希望に沿った案件をマッチングし紹介してくれます。契約が決まれば、その後の活動についてのバックアップが期待できます。困った時には相談することもできますので安心して仕事に集中できるでしょう。長期的な視点に立った仕事選びをしてくれるカウンセラーもいますので、長い目で見てもメリットが大きいといえそうです。

高単価の仕事がしたいなら「レバテックフリーランス」

フリーランスになったら、高単価の案件を得て仕事をしたいと思うのが自然です。そんな人が利用するエージェントとしておすすめなのが、800件以上の保有案件がある業界最大手クラスの「レバテックフリーランス」です。レバテックフリーランスは、発注先の企業との間に余計な企業を挟まず直接取引を行います。そのためマージンが低く抑えられ、その恩恵がフリーランスに渡ります。同じ仕事でもレバテックフリーランスから仕事を得れば、高単価の仕事になるといえます。
また報酬が支払われるまでの期間が業界でも最短クラスで、月末締め、翌月25日払いの「25日サイト」になっています。すぐに報酬が欲しい、貯金がまだ少ないフリーランスのゲームエンジニアにはありがたいシステムでしょう。

フリーワード検索やエリア検索など細かい条件で求人を検索することができ、その上、求人先の企業の特色も詳細に説明されているため安心して探すことができます。

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

スキルアップを目指すなら「フリーエンジニアサポート」

まだ経験が浅いフリーランスのゲームエンジニアは、仕事を通じてスキルアップを目指したいと考えている人も多いでしょう。そんな人におすすめのエージェントは「フリーエンジニアサポート」です。エンジニアのことを良く理解しているサポート担当者が的確なマッチングを行ってくれると評判です。業界で25年以上活躍されている現役のエンジニアのサポートも受けることができます。
また女性のフリーランスのエンジニアや外国籍のエンジニアの方も数多く登録をしているため、どのような立場の人でも受け入れてくれる度量の広さも魅力です。フリーエンジニアサポートは「経験に勝るものなし」という姿勢を打ち出していますので、段階的に仕事のレベルをあげるような案件を紹介し、将来のキャリアまで考えたサポートをしてくれるでしょう。

必要なスキルだけでなく、企業が求めている人物像も一緒に記載されているので自分に合う案件かどうか事前に精査することができます。

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

人気トピックス一覧