ゲームエンジニアとしてフリーランスになって完全燃焼!

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

フリーランスなら完全燃焼できる

実力に見合った報酬

ゲームエンジニアとしてゲーム会社に勤務し、スキルアップを果たし、順調に経験を積んだら、その先のステージへ進むことを考えるのも良いでしょう。その先のステージとはフリーランスのゲームエンジニアになることです。例えば局に勤めるアナウンサーは、人気と実力が頂点に達する頃に企業を離れてフリーランスになります。すると収入は一桁違うほど上昇するといわれています。実際にゲームエンジニアにも同じことがいえます。
企業に勤めるゲームエンジニアは、実力が上がれば重要な仕事を任される機会が増えます。しかし収入は毎年少しずつしか上がっていきません。実力と収入が比例することは、企業に勤めている状況では、絶対にないと言い切ってもよいでしょう。自分の実力、その価値をダイレクトに評価してもらい、それにふさわしい収入を得るためには、フリーランスの道を選ぶしか方法がないでしょう。自分が頑張った分の見返りを受けられるという手応えは、人生で味わう幸せの中でも大きなもののひとつだといえるでしょう。

会社のルールを超える存在

フリーランスのゲームエンジニアになれば、会社員と違い定年というものがありません。働きたいだけ働き続けることが可能です。また会社員としてゲームエンジニアをしていると、いずれ管理職になりゲーム作りの現場から離れていかざるを得なくなります。しかしフリーランスであれば、その選択は本人次第です。プロデューサー的な立場でスタッフを指揮する立場になることもできれば、自らがプログラミングの最前線に立ち、仕事を続けることもできます。つまりフリーランスは会社からの束縛を外れ、ルールを超えて自由な存在になることができるのです。

すべてをコントロールできる

フリーランスになると、会社員時代と違い仕事が不安定になりそうで心配であるとか、社会保障が少ないので老後が心配だという意見があります。しかしフリーランスは自分ですべてを決めることができ、不安を事前に対処することができます。仕事が不安定にならないように新しい人間関係を構築すること、新しいスキルを常に追い続けて習得することもフリーランスならできます。時間を上手にコントロールして、人間関係を広げる時間やスキルを学ぶための時間を取ることができるからです。会社の都合で締め切りに追い立てられている会社員よりも有利な点は多いでしょう。
また老後に関しても健康に注意をして一生働き続ける体力を維持するための時間も取れますし、民間の保険や国民年金基金などを組み合わせて会社員に負けないような退職金や年金を作り出すこともできます。早い年齢でフリーランスになればなるほど、このような準備を早く始めることができるので有利だといえるでしょう。

人気トピックス一覧