ゲームエンジニアになるには?未経験なら派遣で!

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

未経験なら派遣から経験を積もう

未経験者がゲームエンジニアになるために

未経験者からいきなりゲームエンジニアになるためにはどうすればよいでしょうか。まず求人募集が多い業界を狙うことが大切になります。ソーシャルゲーム業界は求人募集が多く、その上未経験者の採用にも積極的だといわれています。もちろん、未経験者がいきなり正社員として採用されるケースは少ないと思います。まずはアルバイト、もしくは派遣社員としてソーシャルゲーム業界のように門戸を開いている業界で仕事をし、経験を積むと良いでしょう。面接などに臨む際には、やる気はもちろん、ゲームを作りたいという真剣な思いを採用担当者に伝えるようにしましょう。
ソーシャルゲーム業界以外ではパチスロ系の業界でも未経験者を採用する傾向がありますので、選択肢のひとつに入れておきましょう。どのゲーム業界であれ、派遣やバイトという雇用形態にこだわらず実際にその業界に身をおいて仕事をして経験を積むということが何よりも大切です。実力がすべてのゲームエンジニアの世界ですから、働いて実力を付けさえすればその後正社員になることも可能ですし、もちろんフリーランスとして活躍することも可能です。

派遣会社からゲームエンジニアになろう

派遣会社に所属をしてゲームエンジニアとしての第一歩を踏む方法があります。派遣会社に所属をすると、派遣会社のパイプを利用してさまざまなジャンルの案件に携わることができます。数多くの職場で働くことで貴重な経験を得ることもできるでしょう。
ゲーム会社がその会社の社員だけでゲームを作れるということは稀で、ほとんどのゲーム会社では派遣社員などの助けを借りながらゲーム作りをしています。派遣会社に所属すれば、ゲーム作りの中心に入り、ゲーム作りの経験を積むことも可能です。ニーズがある場所で積極的に働き、スキルアップを目指しましょう。派遣先で働きぶりを評価されれば、その後その会社から直接雇用されるということもあるかもしれません。

派遣で貴重な経験を積もう

ゲーム作りをする時に、ゲーム会社の社員だけではゲームが作れないため、派遣会社などを通じてスタッフを集めてゲーム作りをするのが普通であるという話をしました。スキルが高いゲームエンジニアの場合は、かなり重要なシステム作りを任されることがあるでしょう。しかし大抵の場合、派遣会社を通じて雇用しているスタッフに任せる仕事は、それほど難しくない簡単な仕事が多いでしょう。未経験者からすれば、ちょうどよい難易度の仕事が多く、少しずつ仕事を覚えていくのに適切な環境だといえるでしょう。もちろんある程度スキルが上がった状態になれば、物足りなさを感じるかもしれません。しかし未経験者がゲームエンジニアになる最初の段階に派遣会社のサポートを受けるのは良い選択ではないでしょうか。

人気トピックス一覧