難易度が上がっているゲーム

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームの難易度が上がっている

最近のゲームは難しい?

子どもの頃にゲームセンターに入り浸った経験のある人や青春時代のほとんどの自由時間を家庭用ゲーム機で過ごしてきた、いわゆる「ゲーマー」と呼ばれていた人達が就職活動を経て社会人になり、日々の仕事に忙殺されゲームから離れた暮らしを送り、ようやく落ち着いた頃にゲームを再開してみると「あれ?ゲームが難しくなっている」と感じることがあるようです。
特に難しいと感じるのは「3Dゲーム」という意見が多く、モンスター狩りをする3Dゲームは男女を問わず人気になっていますが3Dゲームの経験がない人にとっては「軸」を意識してコントロールをするのが難しいようです。相手に攻撃をしかけたり、反対に攻撃をかわしたりするには3D的に見て自分の立ち位置やモンスターの位置をきちんと把握できていなくてはいけません。当たったはずの攻撃が外れてしまう、かわしたはずの攻撃が命中して大苦戦してしまう人も少なくないようです。現在のゲームは「カメラを動かす」「キャラクターを動かす」というように、一度に行う動作が以前より多くなっています。もしかしたらそれが難しく感じる原因になっているのかもしれません。縦スクロールの時代は、キャラクターを動かす十字キーと攻撃ボタン程度しか動かす部分がありませんでしたので、戸惑いを感じても不思議ではないかもしれません。

ゲームのルールが複雑?

スマホゲームや携帯ゲームが普及し始めのころは、家庭用ゲームに比べるとルールが簡単で単純でした。そのためそれまでゲームから離れていた会社員なども好んでゲームをするようになったといえます。しかしスマホゲーム業界が成熟するのに従い、発表されるスマホゲームは難易度が上がり、ルールも複雑になっている傾向があります。チュートリアルによる親切な説明があるにせよ、最初のうちはかなり戸惑ってしまいます。なんとなくゲームをしているけれど、アイテムの組み合わせ方やアイテムの生成方法、必殺技の覚え方など大切なルールを把握しないままゲームを進めてしまうため、途中でキャラクターの成長が行き詰まり、ゲームを辞めざるを得なくなるような状況があります。スマホゲームとはいえ本格的になっていくと、家庭用ゲームと変わらぬレベルまで完成度が上がっていきます。単純なゲームが好きな人には向いていないかもしれません。

昔のゲームは簡単だった?

このように振り返っていくと、昔のゲームはとても簡単だったという気がします。しかし昔のゲームには今のゲームのようにチュートリアルはなく、ゲームの大切な部分も攻略本がないとわからないような「不親切」なものも多かったと思います。おそらく昔ゲームを楽しんでいた人は、高価な家庭用ゲーム機を購入し、気合を入れて遊んでいたため、難しいことも「楽しい」と感じていたのではないでしょうか。スマホゲームは「あくまで暇つぶし」で始める人が多いので、「難しい」を「面倒」と感じてしまうのかもしれません。

人気トピックス一覧