ゲームエンジニアはC言語!

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

C言語プログラミング能力認定試験を取ろう

「C言語プログラミング能力認定」を取得しよう

ゲームエンジニアになるために取得すると有利になる資格があります。それは「C言語プログラミング能力認定」です。ゲームエンジニアになるために必ず必要な資格ではありませんが、特にこれまでゲーム業界で働いた経験がない人がゲーム業界で働くためには、このC言語プログラミング能力認定を取得しておいたほうが良いといわれています。なぜならゲーム業界で良く使われる、ゲームプログラミングにおける必須のプログラミング言語が「C言語」であり、そのC言語の能力を証明してくれる資格が国内にはC言語プログラミング能力認定しかないためです。逆に言えば、この資格を取得していればC言語を使ってプログラミングが出来る人だと証明できますので、転職活動を行う時に大いに役に立ちます。未経験者でも一気に採用のチャンスが広がるでしょう。

ゲーム業界とC言語の親和性は高い

C言語プログラミング能力認定の取得がゲームエンジニアになるために大きな武器になるということは、現在のゲーム作成のためにはC言語でのプログラミングが不可欠だということでもあります。ゲームプログラマーの専門学校などに入った場合でも取得をすすめられるのでゲームエンジニア必須の資格といえるかもしれません。実際にゲームエンジニア募集の求人票には「C言語の知識は不可欠」というような内容が記載されていることも珍しくありません。C言語の理解がない人は、ゲームエンジニアを応募している会社に、門前払いされてしまうということです。
システムエンジニアとして働いていた経験があったとしてもC言語の知識がなければ、未経験者でC言語プログラミング能力認定を持っている人よりも採用面で不利になってしまうかもしれません。それほどゲーム業界で働くためにはC言語の理解が不可欠なのです。

「サーティファイ」で資格を取ろう

C言語プログラミング能力認定試験を実施しているのは「サーディファイ」です。未経験者からゲームエンジニアになりたい人、他の業界のシステムエンジニアからゲームエンジニアに転職する人などは、このC言語プログラミング能力認定試験の取得を目指しましょう。

C言語を駆使して応用プログラム(言語処理系、ユーティリティなど)を作成する能力を認定します。

サーティファイから引用。 このように、ゲーム業界に欠かせないC言語の唯一の資格であることは先述したとおりです。ゲームエンジニアを目指す人はサーティファイのC言語プログラミング能力認定試験を取得して損はないでしょう。レベルごとに1級から3級に分かれていて、年に2回試験が実施されます。受験資格に学歴や年齢の制限はありません。
合格基準は全得点の6割以上となっています。2、3級は筆記試験で、1級はパソコンを使用した実技試験となっています。モデル学習プランは、3級は110時間、2級は100時間、1級は70時間となっていますので、それぞれ受験勉強をする時の参考にしてみてください。

サーティファイでは1級、2級、3級それぞれの出題範囲だけでなくサンプル問題や無料の模擬問題があるので検定試験に自信がない方にもおすすめです。

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

>>オフィシャルサイトにはより詳細な情報があります

人気トピックス一覧