ゲームエンジニアになれば大金が手に入る?

イマドキのゲームエンジニア事情

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

ゲームエンジニアの世界へようこそ!

大金が手に入る可能性も

ゲームのシステムを作る

ゲームエンジニアの仕事の基本は「ゲームのプログラムを組むこと」です。勤務地はゲームメーカーもしくはゲーム制作プロダクションで、使用言語はC言語やC++などが中心です。ゲームエンジニアの仕事が始まるまでにたくさんのゲーム会社のスタッフが開発に携わります。
ゲームの企画を立てる会議を行う人、ゲームシナリオの制作を担当する人、またキャラクターや背景はゲームデザイナーが担当をします。このように出来上がった作品の骨格に沿って、ゲームエンジニアはゲームのシステム構築を行います。企画者が意図したようなゲームの動きが出来るまで何度でもプログラミングを繰り返します。ひとまずプログラミングが出来上がるとチェックしますが、そのチェック作業もゲームエンジニアのチームの仕事です。繰り返し動作をさせて不具合がないかどうかチェックしていきます。

責任重大なゲームエンジニア

ゲームエンジニアが担当するゲームシステムのプログラミングは、もしかしたら独創性がある仕事ではないかもしれません。企画を立てる立案者やゲームの世界観を描き出すゲームデザイナーのほうに注目が行きやすいかもしれません。しかし、彼らが思い描いた世界を現実化するのは、ゲームエンジニアの仕事です。ゲームエンジニアがいなければ、どれだけ素晴らしいアイデアがあっても決して現実化しないのです。
企画が良くデザインが良いからそのゲームがヒットしたとしても、システムに大きなバグが発見されてしまえば大問題になってしまいます。また細かなバグがいくつも散見するようなゲームは遊んでいてストレスを感じてしまいます。結局のところゲームの売れ行き、ゲームの評価を決めるのは、優れたゲームシステムだといっても過言ではありません。ゲームエンジニアの仕事にはそれほどの責任があるといえます。

大金持ちになれる!

ゲームエンジニアの魅力は、モノづくりの喜びがあることです。自分がプログラムしたことにより、誰かが想像した世界が現実になる喜びがあります。ゲームがダウンロードされて世に出ていく瞬間の達成感は、ゲームエンジニア冥利に尽きるものでしょう。またゲームエンジニアには大金持ちになれるチャンスがあります。ゲームのシステムを作れるということは、優れた企画を思い浮かべることができれば、自分でゲームを一から作り出すこともできるからです。
スマホゲームなどは、アイデアと優れたシステムさえあれば、個人でも参入するチャンスがあります。良いアイデアを思い付いたその半年後には、ゲームを現実化し大金持ちになっているということもゲームエンジニアに関しては絵空事ではないのです。

人気トピックス一覧